2010年11月09日

そもそも悪性リンパとは

リンパ管、リンパ節について
私が病気を宣告された時、リンパ自体も何なのかわからなかった。
調べてみると、体には、血管と同じようにリンパ管というものが全身にあり、その中をリンパ液がゆっくり流れているのである。そして体の中や血液で処理できない異物などを回収している。
また、リンパ節というものがあり、そこにはリンパ球があり、異物や細菌、ウイルスなどをせきとめている関所のような役割を果たしている。リンパ節は首の付け根や脇の下、足の付け根などに多くある(全身で約600個)。風邪などで腫れるのは、この関所でリンパ球が分裂したり、異物処理をしたりしているからである。
posted by トイエ at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。